一定期間更新がないため広告を表示しています

2016年も残すところあと少しになりました。

 

忙しい時だからこそ、

夕飯の献立もできるだけ簡単に済ませたいところです。

 

 

おでんなんていいですよねぇ。

 

煮込んでおくことで味がしみて美味しくなります。

 

 

そういえば、おでんはお正月に食べるお雑煮みたいに

かなり地域色が強いメニューだと思いませんか?

 

 

例えばですが、金沢のおでんは

赤巻きという他の地域では見かけない具材を煮込んだり、

カニ面というのもこの地域特有です。

 

関西では牛すじの串が入っていたり、

兵庫の姫路地方では、生姜醤油をつけて食べたリもします。

 

私は愛知県三河の出身なので、

八丁味噌を使ったみ味噌タレはおでんに必須でしたよ。

 

ご当地おでんを色々食べ比べてみるのも

楽しい冬の過ごし方になると思います。

 

 

マウロビオティックおでんにおすすめの

焼きコーフーは、煮込むともっちりとした食感で

はんぺんにように味わい深くなりますよ。

 

 

オーサワの焼きコーフー

クリスマスイブを前にして何だか生温かい空気でおかしな気候ですよね。

 

でも、クリスマスイブから冬本来の気温になるようです。

 

この数日温かかっただけに、急な気温の低下でまた体調が悪くなりそうです。

 

寒い朝は、ホットドリンクが美味しいですが、

毎日コーヒーじゃ飽きてしまいますよね。

ちょっと変化のあるホットドリンクを試してみませんか?

 

 

おすすめは、お茶に梅干しを入れてショウガ汁を少し加える梅ドリンクです。

 

番茶に梅、そして生姜の組み合わせは

胃腸の調子を整えて、体温を上げてくれます。

 

梅に含まれるクエン酸は、疲労解消にも良いのですよ。

 

冷えていると疲れも取れにくくなります。

 

朝の目覚めでスッキリとしない感じがしたら、

ぜひ梅入り番茶で身体の内側からスッキリしてみましょう。

 

番茶を注ぐだけで簡単に梅醤番茶が作れるので

うめしょう」が一つあると便利ですよ。

 

お料理にも使えるので、季節を問わず活躍します。

 

 

   オーサワうめしょう

毎日の献立に頭を悩ましている主婦のみなさま。

 

寒き季節になると、「鍋」という強い味方があります。

 

野菜もたっぷり摂れるので、

鍋というのは万能ですよねぇ。

 

ただ、あまりにも鍋を乱用すると

家族からクレームが出始めるので、

少し目先を変えたメニューも必要ですね。

 

小麦粉を使っていないシチュールウを使って、

温野菜サラダをディップするソースを作ってみました。

 

粉末タイプのルウなので、

小分けして使えるからとても簡単です。

 

グラタンにも使えるし。

 

ディップソースの作り方です。

 

【材料】

 

オーサワのまろやかシチュールウ 30g

豆乳(プレーン) 100cc

オリーブオイル 小さじ2杯

白味噌  小さじ2杯

リンゴ酢 大さじ1と少々

塩こしょう お好みで適量

 

【作り方】

 

ルウと豆乳、オイルと味噌を小鍋に入れて

加熱しながらよく混ぜます。

 

トロっとしてきたらリンゴ酢と塩こしょうで味を整える。

 

 

ブロッコリーやレンコンなど

お好みの温野菜に添えれば出来上がりです。

 

 

簡単にできるので、トライしてみてくださいね。

 

 

 

オーサワ まろやかシチュールウ

 

早くも師走。

 

あっという間に年末になります。

 

もうお正月の準備は万端ですか?

 

まだ大掃除も終わっていない私は

ただ焦るばかりですが、

なかなか進みません(^_^;)

 

 

さて、お正月にはつい食べ過ぎちゃって

毎年のことながら年末年始は増量しますので、

今からダイエットに励んでいます。

 

ただ、体重管理は何とかできるとしても、

困るのは胃腸の疲れです。

 

お正月のお休みの間は、

ついダラダラと食べてしまうので、

胃腸が休まる暇がないので、

お正月明けには胃の具合が悪くなって

胃薬のお世話になることも多いのですが、

昔の人は「七草がゆ」という良い習慣を残してくれています。

 

ところが、七草がゆセットを買うと、

ほんのちょっとしか入っていないのに

まあまあのお値段なので、お正月で寒くなったお財布には

ちょっと厳しいのですよ。

 

そこで、こんな素敵な春の七草セットを見つけたので

ご紹介します。

 

ドライフーズになっているから

保存もできるし、刻んであるから手間いらずです。

 

簡単に七草がゆが作れるセットですよ。

 

数量限定なので、興味のある方はお早めにどうぞ。

 

 

   春の七草

沙棘(サジー)という果実を知っていますか?

 

限られた高地にしか生息していない珍しい果実で、

とても栄養価が高いものです。

 

シーベリーという別名もあります。

 

私はサジーの濃度がものすごく高いものを

一度買って飲んだことがあります。

 

ドロッとした、まさにサジーをそのままペーストしたような液体でした。

 

サジーには、ビタミン、ミネラル、フラボノイド、カロテノイド、

アミノ酸など、豊富な栄養がぎっしり詰まっているので、

奇跡の果実とまで呼ばれるほど。

 

ただ、すごく酸っぱくて飲みにくかったので、

私はなかなか1本飲み切るのに苦労したのです。

 

身体に良いものは、美味しいってのは無理なのか?と

飲むたびに覚悟を決めてグイッと飲み干していました。

 

もちろん、サジーのその酸っぱさが好きで、

濃度が高いものでも全然平気な人もいるのですが、

私はちょっと苦手だったので、その後はリピしませんでした。

 

 

でも、見つけちゃったんです。

 

これはサジーが20%しか入っていないので、

栄養価としては原液に近いもののようなわけにはいきませんが、

とっても飲みやすかったので、気に入りました。

 

飲みやすいものじゃないと続かない。

栄養がものすご〜く豊富でも、続かないと意味がないというのが

私の個人的な感想です。

 

サジーの酸っぱさに懲りてしまった私のような人がいたら、

ぜひサジー成分20%の「橙色の悦」を試してみませんか?

 

 

有機シーベリー果汁20%入りドリンク「橙色の悦」